蒼と雲の彼方で サンプル - コミティア部活動|ヒロイン☆ふぇすた

youkaibu
ヒロイン☆ふぇすた3バナー
COMITIA
コミティア部活動公式ウェブサイト
スマホメニューオープン
ページトップへ戻る

HEROINS 参加ヒロイン&対象作品紹介

(白水の小説棚「蒼と雲の彼方で」より)

佐久原素子
佐久原素子
佐久原素子

お試し読み

 操縦桿とフットバーを操ることで生み出される、強烈な横方向の加速度に、颯太は全身に力を込めて耐えていた。
 そして、つい一瞬まで自分のいた空間には、おびただしい数の十二・七ミリ機銃弾が降り注ぐ。
「しぶといジャップ、しかしケツについたぞ、どうだケツにつかれた気分は……思い知らせてやる!」
 闘志十分のマスタングの計器の横には、婚約者であろうか、若くて綺麗な白人女性の白黒写真が留められている。
「くっ……」
 そのようなことは露程も知らない颯太は、歯ぎしりしながら苦悶の声が漏らす。手練れのマスタング二機に、後ろを取られてしまってからしばらく経つ。颯太が操るのは、基礎性能ではマスタングとほぼ互角の四式戦。公認撃墜十二機、航空隊の準エース格である颯太のこと、普段なら容易に後ろを取られたりはしないのだが、いかんせん今日ばかりは相手の数が多すぎる。
 周囲を見る余裕はとてもないが、空襲を受けて雲量二の澄んだ空に大慌てで駆け上がった友軍機は、優に五倍は超えると思われる数の米軍戦闘機隊と、激しい空戦を繰り広げているはずだった。至近距離での乱戦となっているため、お互いに編隊空戦ではなく格闘戦となっている。
 対米戦争が始まってから、四度目の真夏を迎えていた。上空からの日差しはどこまでも強い。四式戦を巧みに横滑りさせて、相手の機銃弾をかわしながら反撃の機会をうかがう。下手に機体を翻すとそのまま狙い撃ちされてしまうのだ。
「いざ尋常に勝負、いくぞ」
「真珠湾(パール・ハーバー)の戦友の分だ、叩き落としてやる!」
 意を決した声が、聞こえるはずもない互いの操縦席にこだまする。
 ほんの一瞬、相手の動きの針の糸のような呼吸と集中の隙を見逃さなかった颯太は、操縦桿をいっぱいに操り、最大戦速で機体を高速で翻して相手の後ろへと回り込もうとする。いわゆる捻り込み機動だ。
「ぐうぅぅ……」
 捻り込みは、機体と身体にかかる負担が尋常ではない。しかも、この四式戦は操縦桿が異様に重く、捻り込み機動が簡単にできないように設計されているため、捻り込み機動を決めるのはほぼ神業といっていい。空の水色しか映っていないはずの景色が、ぐるりとかき混ぜるように激しく動いているような感覚が颯太を襲う。
「What!?」
 マスタングの視界からは、一瞬で四式戦の姿はかき消えて。
 そして捻り込み機動を辛うじて決めた颯太の視界は、二機の銀翼きらめくマスタングを後ろ斜め上から見下ろす格好で捉えていた。
 好機は一秒が長すぎるほどの一瞬。翼内の二十ミリ機銃弾を一気に叩き込むと、左の一機は右翼から、右の一機は左翼から火を噴く。同時に颯太の四式戦はその上を駆け抜けていった。
「よし!」
 翼から炎に包まれて墜落してゆくマスタングを見下ろしながら、気合いとともに颯太はそのまま上へと機体を駆け上がらせる。
 颯太は、幼少より古流剣術を鍛錬してきた生粋の剣士だ。鍛えた剣技も戦闘機に乗ってはものの役に立たないと思いきや、空戦でも立ち会いのような絶妙な呼吸というか、研ぎ澄まされた剣客としての感覚的なものが、幾度となく颯太を救ってきた。
 激しく呼吸をしながら、颯太は次なる敵を求めようと大きく左右を向く。とにかく劣勢なので、一機でも多く敵機を打ち落とさなければいけない。
 度重なる空戦で既に高度は七千メートルを超えていたが、しかしその動作で酸素吸入マスクが外れてしまった。
「……っ!?」
 颯太が、酸素吸入マスクをつけていないことに気づいたときにはもう手遅れ。極度の酸欠で颯太の意識は急激に薄れていき……そして、気を失った。
 ガクン、と四式戦は機首を下げたかと思うと、そのまま海面へと向けて落下を開始する。
 ――ソータさん……ソータさん!
 失われた意識の中。颯太は操縦桿を固く握ったままの両手を揺さぶられるような、そして忘れかけていたような遠い記憶の、とても懐かしい声を聞いたような気がした。
「……素子?」
 目を開いた颯太の眼前には、空の青とは似て非なる、濃厚な蒼が一面に広がっていた。
「なんっ……」
 何が起こっているのか瞬時には理解しかねた颯太だが、次の瞬間には眼前に広がっているのが海であることは理解できた。
「うおおぉっ」
 颯太は操縦桿を力一杯に引き上げる。何としても機首を越さなければ海面へと墜落してしまう。この速度で海に墜落すれば、まず助からない。
 ばしゅぅぅぅ……
 海水が翼を大きく叩く。
 辛うじて海面ギリギリで機首を起こした四式戦は、波飛沫に翼を洗われつつ海面から急激に上昇を開始した。

 まだ顔が青ざめているのが、自分でも分かる。
 九死に一生を得た颯太は、航空隊の基地へと戻ってきた。まだ空戦は続いているが、機関砲弾を大きく消耗していたのと、度重なる捻り込み機動など全力運転を繰り返したため、燃料が心許なくなったためだ。
緊急発進のため満タンで離陸する余裕はなかったこともあるが、エンジンオイルの質がとことん悪く、量が少なく貴重な燃料も、品質が落ちてオクタン価が低いため、燃料の減り方も激しい。上は節約しろとは言うが、燃料を節約した挙げ句に堕とされては本末転倒、無理な相談だった。
「燃料と弾の補給、頼むぞ」
「ハッ」
 若年の整備兵に命じると、颯太は操縦席から降りた。四式戦の周囲では、慌ただしく燃料の給油と弾の補給、簡単な点検が行われようとしている。
 何せ四式戦のエンジンは、最新型でパワーがあるのはいいとしても、いつ動かなくなっても文句は言えないという実に不安定なシロモノなのである。終わるまで多少の時間はかかりそうな具合だった。
 最近は食料事情も悪くて食事も十分ではなく、さすがに全身ぐったりと疲労してしまっている颯太は、滑走路脇の草むらに寝そべって、少しでも身体を休めることにした。
 風には潮の匂いがかすかにある。淡い青と深い蒼、白い雲が織りなす滑走路からの景色を、颯太は妙に気に入っていた。
 ――海に墜落しそうになったあの時。
 小さい頃の、忘れかけていたとても懐かしい声に助けられた。
 颯太は思い出す。十二年前のとある夏の一日も、今日みたいな暑く、そして蒼と雲がきれいな日だったと思いながら――

本編へつづく

ツイート
ヒロイン紹介ページに戻る